2014年3月9日日曜日

アクアフォース 蒼嵐業竜メイルストローム“Я”軸(Aパターン) デッキ考察(2014年3月9日)

「アクアフォース 蒼嵐業竜メイルストローム“Я”軸(Aパターン) デッキ考察」はこちら!

「アクアフォース 蒼嵐業竜メイルストローム“Я”軸(Aパターン) デッキ考察(2014年3月12日)」はこちら!





参考に見てたとある方とトリガー以外似た構築になってしまったけど仕方ない。

その方だったか忘れましたが、G2(タイダルスピロス)を出し惜しんでしまう場面が多いのでG1のアタッカーを出せるのは強い、という意見にはとても納得しました。



ってか殴ろ。





G3 8枚
蒼嵐業竜メイルストローム“Я” 4
蒼嵐竜メイルストローム 4

G2 11枚
タイダル・アサルト 4
蒼嵐水将スピロス 4
蒼嵐水将グレゴリオス 3

G1 14枚
蒼嵐水将ヘルメス 4
遊撃のブレイブ・シューター 4
翠玉の盾パスカリス 4
ストームライダーエウゲン 2

G0 17枚
蒼嵐兵ミサイル・トルーパー(☆) 4
戦場の歌姫マリカ(引) 4
蒼嵐戦姫ドリア(引) 4
蒼嵐兵キッチン・セイラー(治) 4
FV
蒼嵐候補生マリオス 1





ドロー型。5点目まできっちり詰めていくのがポイント。

以前と変わったのは、まずグロメが抜けました。入れるにしても2枚は多かったです。主な要因は自爆を抜きたかったのと☆を減らしたこと。それとマリカなどの手助けなしで26000や28000を作れないとリンクジョーカーの対策としてもあまり強くなかったです。相応の構築が必要でした。

G2はスピロスが4枚に。グレゴリオス4枚にはまだ心残りを感じさせます。

G1は大きく変化し、ホイールと自爆が抜け、ブレイブシューターとエウゲンが入ってきました。ホイールは活躍してはいたのですが、力を発揮しきれない場面も多かったです。CBきつい。ブラウでCB使うユニットが多めのデッキを使っていたのでそれと同じで大丈夫かなーと考えていたのですが、ホイールがLBを発動させるために必要なギミックになっていること、LBが数ターン使うものであったことが原因できつくなっていました。
自爆はメイルリバースのLBが有効になる状態の時期を考えるといらなかったので、自爆の枠にCBを使わないエウゲン、ホイールの枠にアタッカーとなるブレイブシューターを採用しました。3パンは強い。

トリガーは3パンを円滑にするためのものです。スーパーソニックセイラーよりミサイルトルーパーを優先したのは、スーパーソニックの効果を使う機会よりECBが必要な機会が単純に多かったためです。



LJが事故っている間に3パン4パン5パンしたいです。

0 件のコメント: