2014年9月2日火曜日

ゴールドパラディン 青き炎の解放者プロミネンスグレア軸(Aパターン) デッキ考察

今日のカードで効果判明時点





G3 8枚
青き炎の解放者プロミネンスグレア 4
青き炎の解放者パーシヴァル 4

G2 11枚
定めの解放者アグロヴァル 4
誓いの解放者アグロヴァル 4
光槍の解放者ライネット 3

G1 14枚
疾駆の解放者ヨセフス 4
理力の解放者ゾロン 4
光輪の解放者マルク 4
五月雨の解放者ブルーノ 2

G0 17枚
猛撃の解放者(☆) 4
希望の解放者エポナ(☆) 4
武装の解放者グイディオン(引) 4
霊薬の解放者(治) 4
FV
ころながる・解放者 1





ようやく本気を出してくれましたね。

条件が厳しめとはいえ、☆増加とガード制限のレギオンアタックを1枚でこなしてしまうのは強いです。

サブVにはCBを使わないパーシヴァルを採用しました。
CBを使う機会が多いですが、どれもCB1で使えるので動きづらい場面は少ないはずです。

定めのアグロヴァルとヨセフスで青き炎を呼び込むために4積みし、さらにその動きをサポートするためにゾロンを4積みしています。
再チェックだけでなくソウルに入ってくれる動きも相性が良いです。

ころながるの予備としてブルーノを2枚、シズク互換がいないので事故回避要因としてライネットを積みました。リスクはありますが、青き炎を呼び込むことにも繋がります。
ころながるもブルーノも、31000を超えるには2回のスペリオルコールが必要です。ブルーノは33000になります。



これで解放者も環境に仲間入りできるのか、楽しみです。

0 件のコメント: